t008-1b.jpg富加の庭「憩い」 t008-2b.jpg t008-3b.jpg t008-4b.jpg t008-5b.jpg t008-6b.jpg t008-7b.jpg t008-8b.jpg t008-9b.jpg t008-10b.jpg t008-11b.jpg t008-12b.jpg t008-13b.jpg t008-14b.jpg t008-15b.jpg

弊社の都合で長らくお待ち頂いた富加の庭「憩い」が竣工しました。商店街から裏通りへ入るとそこには昔ながらの住宅街が広がっており、新興住宅地とは違った穏やかでのんびりした時が流れています。国道のバイパスからも程よく離れており、車が往来する音はさほど気になりません。時折かすかに聞こえる長良川鉄道の音が懐かしく響きます。

以前にもご紹介させて頂きましたが富加町は私達の会社がある町です。先日も「町内の夕田茶臼山古墳にて国内で最も古い発見があった」という記事を読みました。この他にも町内には51基の古墳があると聞きます。又、奈良正倉院に残る最古の戸籍が町内で発見されており、歴史や文化財とは深く関わりがある町です。

お施主様はそんな富加町に新居を構えられました。今では2人の男の子に恵まれ、さらには現在おなかの中にはもう1人の生命が宿っております。もちろん計画の段階からその辺りのお話はお伺いしておりましたので、限られた空間を最大限生かし、うまく結びつける事で無駄のない空間へと造り上げていきました。

アウトドアがお好きなご家族のため、季節ごとの荷物も多めでした。そこで、裏庭と表庭にそれぞれ倉庫を配しました。既存の門柱はご夫婦の希望で移設して使用し、道路からの視線を避けるために目隠しフェンスや生け垣などでその視線を他へ集めました。又、建物周囲には川砂利を敷き詰め、建物への泥跳ねや防犯の観点からも工夫しました。

普段の生活動線についても忘れてはいけません。移動手段である車を止める車庫から主玄関までの動線は、足元にしっかりとしたものを使って雨の日でもドロドロならないようにし、車庫とアプローチを区切るなどの配慮もして計画しました。車庫の柱にはコンセントや物干し竿・セキュリティーライトなどを配し、さらに使い勝手を良くしてあります。

子供たちが遊べる空間として、芝庭も設けました。季節ごとの草引きなどの庭の管理は是非、お子様と一緒に汗を流して頂きたいものです。お子様の成長と共にすこしずつ手を加えながら、住みやすく使い勝手の良い屋外空間にしていって欲しいと思います。

こだわりの外構例はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい