岐阜の外構デザインはグリーンオフィス半布里
ガーデンリンク 更新履歴 サイトマップ

外構工事と庭造りの日々

 
201920182017201620152014201320122011
2019.10.04
アプローチ改修工事 アプローチ改修工事弊社が20年以上前に工事をしたアプローチの改修工事になります。

長野県産の乱形石張り(諏訪鉄平)をしたアプローチは、その先へ続く芝庭までの道のりを魅力的で風情のある佇まいを感じさせてくれます。

アプローチ改修工事 アプローチ改修工事その石張りの目地が雨等により中性化し、はがれている部分がありました。そこでお客様が「今までと変わった感じで」ということで、今回のコンクリート平板を選ばれました。

正方形と長方形の製品を組み合わせ、模様を作っていきます。縦横の規則正しいラインが、奥行きのある庭をより一層引き立ててくれます。
2019.09.30
先日もこの「庭造りの日々」で紹介させて頂いた「造成工事」後の基礎工事に入ってます。

基礎工事とは、地面と建物のつなぎ部分にあたる基礎を造るための工事のことです。何か物事を始める時「基礎が大事」と言うように、家造りも同じで基礎が大事です。基礎は建物の全てを支える土台であり、土台がしっかりしてこそ家が傾かず丈夫で長持ちするからです。

基礎工事 基礎工事一本一本の鉄筋を、結束線(細い針金)を用いて手作業で組み立てていきます。

ここから型枠10cmくらい下にコンクリートを流し、家の基礎を造る作業をしていきます。
2019.09.24
お庭には「ナチュラル」「シンプル」「和風」「洋風」と、様々なスタイルがあります。

外構工事先日の「庭造りの日々」でご紹介させて頂いた外構工事が概ね完成しました。

アプローチの敷瓦が張られてなかった箇所に「モルタル洗い出し仕上げ」をしました。

外構工事また、緑地部分はもともと植えてあった松の木の根元に地被や低木を植え、瓦を縁石として配置し立体感のある演出をしております。

風景を外から、あるいは部屋の中から見ることによって自然の風景が味わえ、より一層楽しめる空間になると思います。和風のお庭は敷地の一部を「眺める庭」として創り上げると、どこか落ち着きを与えてくれます。そんなお庭に感じて頂けたら幸いです。
2019.09.09
外構工事現在工事を行っていますのは可児市にあるお庭です。

アプローチ、土間コンクリート、カーポートの設置、機能門柱(ポスト)等の工事を行ってます。

アプローチにはタイルではなくいぶし瓦を敷き詰めています。焼き物で何枚か欠けてしまいましたが、注意しながら施工するのが大変でした。

敷瓦が張られてない箇所には「洗い出し」をします。「洗い出し」とは、砂利とセメントを練って乾く前に表面を洗うと砂利が出てくる施工方法のことを言います。

機能門柱この写真のような柱についたポスト類を「機能門柱」と言いますが、ポスト、表札、インターホンなど、門周りに必ずあるものが一つにまとめられる商品になっています。

それ以外に、門周りを照らしたり表札を照らしたりする照明を付けることもできます。

すっきりと見え機能あふれる門柱です!
2019.08.29
先日もこの「庭造りの日々」で紹介させて頂いた「造成工事」のその後です。

いよいよ最終過程に入ってきました。周りのブロック積みも終わり、続いてモルタルをひいての調整(1cmから2cm)と、排水構のU字構入れ作業を行ってます。

造成工事 造成工事 造成工事

サギソウこの工事で一番大変だったことを職人さんに聞いてみました。

画像の赤点線部分の型枠を浮かして組んだのが、大変だったそうです。この工事ではL型基礎なので、1回でコンクリートを打設するためには型枠を浮かして組立てをしなければならないのが理由です。
山ズリU字構入れが終わった後は、山ズリを埋めて地盤を上げていく作業に入ります。
2019.08.22
サギソウ先日面白い花を目にしました。こちら…なんて花かご存じですか?

「サギソウ」と言います。純白の白鷺のような姿で、今にも羽ばたきそうな花…どうしてこんな姿をしているのか不思議でなりません。

しばし暑さを忘れさせてくれます。
2019.08.19
「打ち水大作戦2019」

お盆が過ぎ、空はすっかり秋空ですね。日中はまだ暑いですが…。(~_~)

先日「打ち水大作戦」を行いました。今年ももちろん暑い日が続きましたが、それでも昨年の40度が当たり前の気温に比べれば少しは落ち着いた気温だったような…打ち水前は37度あった気温が、打ち水後33度まで下がりました。打ち水でアスファルトの火照りが少し改善されたかな?

打ち水 打ち水 打ち水

従業員とバーベキューそしてこの日は、従業員さん達とバーベキューをしました。一杯飲みながら体の温度を下げるつもりが、血圧が上がりました。

飲みすぎには注意ですね…。(笑)
2019.08.05
「造成工事」

外構工事には大きく分けて一期工事、二期工事があります。今行ってる一期工事(建築予定地の住宅造成をすること)では、「盛土」や「擁壁」、「ブロック」など建築前に建物を建てられる状態にする作業をしています。

造成工事 造成工事 造成工事

ちなみに…「造成工事」とは土地を利用するために土を移動するなどして土地の形状を整える作業のことで、「盛土」とはもともとの地盤に土を盛ることです。「擁壁」というのは崖などの崩壊を防ぐため、「土留め」としてコンクリートブロックや石などを使った壁状の構造物のことです。

写真1枚目の矢印の部分まで土を入れて家の地盤をつくっていきますが、写真2で紹介している「丁張り」というのは、工事を着手する前に建物の正確な位置を出す作業のことです。

この続きはまた更新出来たら…と思っております。また見て頂けたら幸いです。
2019.08.01
「土用干し」

土用干し不安定な天気と雨が続き、なかなか干せずにいた梅…梅干し作り最期のお仕事です。カンカン照りのお日様の下でふっくらと干し上げていきます。梅を広げた時のこの香り…なんとも幸せな香りです。(^_^)

それにしても、毎日うだるような暑さ!気付かないだけで、脱水になっている事もあるようです。プールでの熱中症も増加しているようですので、クールダウンしながら体調に気をつけましょうね。
2019.07.29
お客様からの貰い物季節によって旬な食べ物は色々ありますが、夏と言えば…やっぱり、きゅうり?なす?トマト?

こちらは、先日お打合せの際にお客様から頂いたものです。ご自身で作っているそうで、「ぜひ食べてみてください」とのことででした。大変おいしく頂きました。ありがとうございました。

このお客様の工事は8月上旬には着工できそうですので、またホームページの中でもご紹介させていただければと思います。
2019.07.25
天気がいい日が続き、ジメジメもなくなり暑さが本格になってきましたね。そろそろ梅雨明けですかね…。

バナナメロン今日は何やら不思議な果物を頂きました。その名も「バナナメロン」…名前の通り、バナナとメロンを掛け合わせた味のようです。

なんて素敵な果物なんでしょう!一石二鳥!(^_^) 今日の楽しみが一つ増えました!
2019.07.04
庭のアジサイ梅雨に入り、ジメジメした日が続きますね。こんな日は蚊や百足が現れるので、私は嫌いな時期でもあります。

でも、雨に濡れてしっとりと庭先に咲くアジサイは、写真に収めたくなる美しさ☆

そんな綺麗なアジサイを見ていると、「このジメジメとした梅雨の季節も悪くないな〜」なんて思ったりするのです…。
2019.05.27
「竹(間引き)」

昨日は北海道帯広市で気温が37.9度まで上がったとニュースを目にしました。全国で一番気温が高かったから驚きです。日本一暑い町としても知られている多治見市では、38度を超えると多治見のゆるキャラ「うながっぱ」が現れるとか…。

石積工 石積工先日こちらの日記でご紹介した「石積工」ですが、スッキリとこんな素敵に生まれ変わりました。

すぐ側に川が流れ気持のよい風が吹きます。
竹の間引きちょっと見た目が悪かったため、倒れている竹と折れている竹は人力で間引きをしてあります。
2019.05.23
「ミツバチの話」

ミツバチふと「女王蜂はどう決まるのか」が気になって、ミツバチを飼育してる人に聞きました。

働き蜂によって、王台という女王蜂を育てるための特別な部屋が作られます。産まれた時はみんな同じ幼虫ですが、王台で生まれた幼虫だけが働き蜂からローヤルゼリーを与えられ。女王蜂へと育つそうです。

でも女王蜂になるのは簡単ではなく、王台は10個ほど作られるため女王蜂候補の幼虫はその数だけ産まれてきます。命をかけた決闘の末、勝ち残った1匹だけが新しい女王蜂となるそうです。前に居た女王蜂はその役目を終え、巣を出て新しい巣へと移り住むそうです。

そして女王バチは、卵を産む場所が少なくなってくると次はオスバチの卵を産み始めます。働き蜂となった蜂は全てメスで、羽化した直後から巣の掃除、子育て、巣の修復、女蜂の世話、密集めなどに忙しくしながらティースプーン1杯の蜜を集め、わずか30〜40日で命をつなぎます。

人間と同じで、女性が掃除に子育て、夫の世話…ですかね?(笑)
2019.05.20
「新緑」

新緑の季節新緑の季節ですね。新芽を見ていると、その成長の早さを感じます。植物の成長は思っているよりずっと早いものです。

春から新しい環境になって少し疲れが出始めるこの季節…鮮やかに変化した新緑は、景色を眺めているだけでどこか癒されますね。
2019.04.25
「笑顔」

今回カーポートと車庫、物置、デッキ花壇の周りと花壇、ポストの設置、草が生えないように防草シートを敷いて砂利の工事をさせて頂いています。

ポスト設置 物置・デッキ設置 カーポート設置
砂利工事 工事 工事 工事

手前の車庫と玄関に続くアプローチは、もともと既存でありました。何もされてなかった地面は、引いても引いても草が生えて困っていたそうです。「これで少しは楽になる」と嬉しそうにお客様は話してくれました。

花壇 花壇お花がとっても大好きだというお客様…鉢に植えてたチューリップも伸びるのが遅く、花壇に移し替えたらなんだか生き生きと見えると話してくれました。

ちなみに花壇は、お客様がご自身で作られました。花壇だけのつもりだったそうですが、今後は家庭菜園にも挑戦したいそうです。何だかお客様のワクワク感が伝わってきて私も嬉しくなりました。(^_^)♪

全体を見ても分かるように、スッキリとしながらも機能性あふれた素敵な外構になりました。あ!お客様、トマト成功しますように…。
2019.04.04
「石積工」

石積 石積今では職人さんも少ないと言われてる石積工… 表には細長く小さめの石を使い、中は面が大きい石を使い積み上げていきます。

石積みは河川が全体の70%、次いで公園が25%、民間が約5%程度で行われてます。

人が癒されるような風景を創るために必要とされている1つでもありますが、河川が氾濫した時に洪水から今の状態を守るようにといった意味で「護岸工」というのが最大の目的となっています。そして今、この石積工が全国で注目されているようです。

石積 ここには公園が出来る予定です!
2019.03.28
「どろだんごから」

光るどろだんご 先日、左官職人さんから面白いものを見せて頂きました。どうやって作られてるのかを聞くと、土や砂から配合して作ったタネを一ヶ月以上乾燥させ、削り作業をしてきれいな球形に仕上げるんだそうです。

乾燥したら漆喰を均一に塗ります。土に石灰と色粉を混ぜて光るまで磨き続け、場所によってはコテで磨き平らな壁を光らせる「大津磨き」という伝統工法があるんだそうです。

これには集中力、根気がいりますね。でも、達成感を味わうことができると思います。まるで惑星のようなこの玉…左官の技術が盛り込まれていて、土に魂を込めたその名も「光るどろだんご」だそうです。

思わず見入ってしまいました。
2019.03.14
「外構は家の顔」

外構は家の顔 ありふれた外観の家でも、外構次第でまた印象が変わります。毎日見るものですし、毎日誰かに見られてるものです。

でも、毎日使うものということを忘れないでください。例えば、門から玄関アプローチまで暗くて足元が見えなかったり、外の階段が暗すぎて足元が危なかったり…実際住んでみて気づくことってありますよね?見た目も大切ですが、機能面の設計も大切なことです。

最近の更新は外構に関わる話しではなかったので、今日はちょっとだけ外構のお話をさせて頂きました。外構も色々な業者さんがいらっしゃいますので、見極めるまではいかなくても「なんとなく良さそう」と少しでも感じてもらえたら一度問い合わせをしてみてください。ホームページのお問い合わせフォームメールからでも大丈夫ですよ。(^v^)
2019.02.28
「青空に雪山が素敵で…」

青空と雪山先日ひるがの高原の方へ遊びに行ってきました。今年は雪が少なく、初めて雪らしい景色を見た気がします。

明日から早いもので3月…三重県の方ではもう鶯が鳴いてるとか。今年も桜が咲くのが早そうですね。春はすぐそこまで…。
2019.02.25
木漏れ日「春の庭」

ポカポカ陽気になってきたこの頃。季節は変わり、春に…。

色トリドリの花が咲き、華やかなお宅の入口にもなりますね。

透かして降り注ぐ木漏れ日は落ち着きを与えてくれたりと…。
2019.01.31
将棋台の脚を使った置物先日面白い物を作りました。この木…何に使われてた木かわかりますか?

実は将棋台の脚として使われてた木です。最初は置物として何か出来ないかと考えていました。目を付け、ワイヤーでメガネを作り…すると可愛らしいおばあちゃんのようになりました。

作っていく中で色々ひらめき、口元に金具を付け、たどり着いたのが輪ゴムかけでした。少し見方を変えれば、新たな物として活用できますね。
2019.01.01
みなさま、明けましておめでとうございます。昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も皆様方にとって良い年であるよう、GreenOffice半布里スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。

今年は亥年…いのししどしですね。私達の活動エリアである岐阜県では豚コレラの関係で昨年末あたりから猪が…。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
201920182017201620152014201320122011
 
庭/外構/エクステリア工事のGreen Office 半布里
〒501-3303 岐阜県加茂郡富加町羽生502番地1
TEL:0574-54-2849 FAX:0574-54-3099
MAIL:info@green-haburi.com
無料見積り依頼